リラックスできる治療を心がけています

一般歯科・小児歯科・予防歯科

すずき歯科の一般歯科・小児歯科・歯周病

一般歯科

インプラント治療

「歯が痛い」
「歯がしみる」
このような症状があったら、それは虫歯かもしれません。虫歯は、一般歯科で治療できます。

虫歯とは、プラークに棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を栄養にして酸を出し、その酸によって歯が溶かされる病気です。一度虫歯になったら自然治癒することなく、どんどん進行していき、最悪の場合抜歯に至ることも……。初期の虫歯であれば簡単な治療で済み、治療にかかる期間も費用などの負担も抑えられますので、「歯が痛い」などの症状があらわれたら、早めに一般歯科を受診しましょう。

 

C0
初期の虫歯
特に痛みはありません。
虫歯に冒されたところが白く濁って見えます。
正しい歯磨きやフッ素塗布で治癒します。
C1
エナメル質の虫歯
歯の表面が黒くなりますが、まだ痛みはありません。
歯を削り、詰め物を詰めます。
C2
象牙質の虫歯
黒い点のような、小さい穴が確認できます。
冷たい物や甘い物を口にするとしみます。
歯を削り、詰め物を詰めます(麻酔をする場合もあります)。
C3
神経の虫歯
熱い物がしみ、何もしなくても痛みが走ります。
麻酔をして神経を取り(根管治療)、被せ物をします。
C4
神経が
壊死した虫歯
神経が死んでしまう為一旦痛みはなくなりますが、膿がたまると再度激痛をともないます。
抜歯をし、その後補綴治療(入れ歯など)を行います。

小児歯科

小児歯科

「乳歯は生え替わるから、虫歯になっても放っておいて平気」と思っていませんか? 
乳歯は確かに時期が来れば永久歯に生え替わりますが、永久歯の歯並びや噛み合わせ、顎の骨の発達、顔の輪郭の形成に影響を及ぼすなど、実は重要な役割を担っているのです。その為、虫歯になったら放っておいてはいけません。早めの治療を心がけましょう。

 

◆幼少期からの予防が大切です

子どものころ、「歯医者さんが怖かった」という思い出はありませんか? 
それはきっと、治療で痛い思いをしたからではありませんか?

子どものころから予防の為に歯医者さんに通っていれば、きっと虫歯で苦しむことも、治療で痛い思いをすることもなく済んだでしょう。お子様に同じような思いをさせたくありませんよね?

そもそも予防処置は痛みをともないませんし、定期的に予防処置を受ければいつまでも健康なお口を保てます。お子様のお口の健康維持の為に、子どものころから歯医者さんに通う習慣を身に付けさせましょう。

 

予防歯科

予防歯科

虫歯や歯周病は感染源がわかっている病気なので、正しいケアや予防処置を行うことで未然に防ぐことができます。そこで当院では、健康な歯を維持するための予防歯科に力を入れています。歯が痛くなってから行う「治療」はもちろん、健康な歯を維持するために行う「予防」も大切です。歯の健康を保つために、ぜひ当院の予防歯科をご利用ください。

 

◆定期検診について

歯の健康を守るためには、歯科医院で行う定期検診が大切です。歯の専門家による定期的なチェックや予防処置を受けることで、お口の中を清潔に保つことができ、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療にもつながります。当院では、正しい歯磨きをアドバイスする「ブラッシング指導」や歯質を強化する「フッ素塗布」、またプロによる歯のクリーニング「PMTC」などから、健康な口腔内環境づくりのサポートをしています。

 

治療を中断するデメリットとは?

虫歯の治療途中にもかかわらず、通院をやめてしまった経験はありませんか? 虫歯は風邪とは異なり、放っておいても自然に治ることはありません。そのため、治療を怠ってしまうと、どんどん症状が悪化してしまいます。虫歯は症状が軽いうちに治療を施すことで、お口の中のダメージも小さく抑えることができます。

治療を中断するデメリットとは?

何度も通院することがおっくうになることもあるかと思いますが、ご自身の健康のためにも虫歯治療はしっかりと継続して行うことが大切です。

複数回の通院が必要なことを理解しましょう

虫歯治療は1回の通院で完結することはほとんどありません。そのため、完治するまで継続して治療を受ける必要があります。仕事や家事など忙しいという理由で通院をやめてしまう方もいますが、治療を怠ることで虫歯の症状は悪化します。症状が悪化すると治療の難易度も上がるため、通院回数も増えることになり、その結果として悪循環に陥ってしまうのです。

複数回の通院が必要なことを理解しましょう

「歯医者に通うのが面倒だな」と思うこともあるはずですが、完治させるためには複数回の通院が必要となります。ご自身の将来的なお口の健康のことを考えるのであれば、きちんと計画立てて歯医者に通うようにしましょう。

治療を中断することのリスク

治療を中断し、そのまま放置することでさまざまなリスクを伴います。下記ではどのようなリスクがあるのかを症状別にご紹介します。

応急処置のみで中断 応急処置は必要最低限の対応のみなので完治にはほど遠く、
根本的な解決にはいたりません。
気づかないうちに症状の悪化が考えられます。
仮の措置をした
段階で中断
仮の措置を施すことで安心してしまう方もまれにいますが、
症状は悪化の一途を辿ります。
仮の措置をした日に次の治療の予約を取ることを心がけましょう。
歯の神経を取った
状態で中断
根管治療などで、神経を取り除くと歯の内部がむき出しの状態になります。
放置することで内部に菌が入り込んでしまうことも考えられます。
型取りをした
状態で中断
お口の中の状況は日々変化します。
そのため、型取りから放置して時間が空いてしまうと、
型と合わなくなってしまうケースが考えられます。
その場合は再度型を取る必要があります。
仮歯を入れた
状態で中断
仮歯は、補綴物としての役割を果たしますが、
あくまでも「仮」の歯のため、長期的な使用には適していません。
消耗することによってさまざまな不都合が生じます。

診療予約