リラックスできる治療を心がけています

お口のトラブル予防講座

歯科的特徴

日本人が歯を失う原因1位は歯周病です

日本人が歯を失う原因1位は歯周病です

歯周病は、成人が歯を失う原因1位の恐ろしい病気です。そして歯周病を引き起こす要因は、細菌(歯周病菌)の棲家となるプラーク(歯垢)にあります。歯の磨き残しなどがあると、お口の中にプラークが溜まって細菌が繁殖します。すると歯ぐきなどに炎症が起き、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)が深くなり、やがては歯を支える顎の骨が溶けてしまうのです。そのまま歯周病が進行すると、顎の骨が溶かされて歯が抜け落ちてしまうこともあるので注意しましょう。

もしかしたら、あなたも歯周病かも?

歯周病は成人の80%がかかっている、または予備軍だと言われています。日本人の国民病ともいえる歯周病の特徴は、初期段階ではほとんど自覚症状がないということです。以下のような症状があれば、かなり進行してしまっている可能性があります。お早めに当院までご相談ください。

CHECK POINT!

もしかしたら、あなたも歯周病かも? CHECK POINT!

歯周病は全身の健康に影響します

お口の中の病気である歯周病。その影響はお口の中だけではなく全身に及ぶこともあります。たとえば歯周病菌が血管から心臓に入ると心筋梗塞や心不全などを起こしやすくなり、唾液を介して肺に入ると肺炎などの原因になったりすることもあるのです。また、最近では歯周病と糖尿妙の関係性も指摘されています。

歯周病は全身の健康に影響します CHECK POINT!

歯を失わない為に、全身へ影響を及ぼさないようにする為に、症状があらわれたらすぐに治療を。また、定期的に歯医者さんに足を運び、検査を受ける習慣を身に付けましょう。

歯周病

歯周病

歯周病とは、プラークに棲みつく歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を破壊する病気です。歯ぐきに炎症が起こることからはじまり、次第に歯を支える骨が溶け、最終的には大切な歯を失ってしまいます。

歯周病は、現代の日本人の約80%がかかっている、もしくはその予備軍とされ、歯を失う原因の第1位と言われているほどおそろしい病気。初期での自覚症状に乏しく、症状があらわれた時にはかなり進行した状態であることがほとんど。その為、「沈黙の病気(サイレント・ディジーズ)」とも呼ばれています。

また、近年では糖尿病や心臓血管病、低体重児出産・早産などが歯周病によって引き起こされる可能性も指摘されています。

 

◆あなたは歯周病?

下記の自覚症状があったら、それは歯周病のサイン。
早めに歯医者さんで診てもらう必要があります。

インプラント治療

歯を失わない為に、全身へ影響を及ぼさないようにする為に、症状があらわれたらすぐに治療を。また、定期的に歯医者さんに足を運び、検査を受ける習慣を身に付けましょう。

成人の方が歯を失う最も大きな原因 歯周病

歯科的特徴

成人期以降、歯を失う最も大きな一番の原因となる歯周病は、歯の周りの組織や骨に炎症が起こる病気です。 虫歯に比べて痛みなどの自覚症状が出にくいのが特徴です。

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉炎

歯ぐきが赤く腫れ、
歯ぐきから出血する

歯周炎

歯周炎

歯周ポケットができ、
歯ぐきから膿が出る

重度歯周炎

重度歯周炎

歯がグラグラし、
最終的には歯が抜ける

当院の歯石除去

当院の歯石除去

当院では、歯ぐきに付着した歯石を取り除くために歯周ポケットそうは術を取り入れています。歯周ポケットそうは術とは、痛み止めの麻酔を歯ぐきに行い、歯根の表面に付いた汚れや歯周ポケット内に感染した組織を取り除く治療です。

予防対策

予防対策

  • お口の中の歯垢(プラーク)を増やさないようにしましょう。
  • タバコを吸わないようにしましょう。
  • 妊娠期も歯磨きを怠らないようにしましょう。
  • 定期健診を受けましょう。
  • 生活習慣や食生活を見直しましょう。
  • 入れ歯やブリッジを入れられている方は支えている歯を丁寧に磨き入れ歯なども定期的に歯科医院で点検が必要です。
  • 良く噛んで唾液を沢山出しましょう。

予防対策

歯科医院でチェック

歯周病の初期治療

歯周病の原因となっている歯ぐきの周りの沈着物(歯周ポケットの中のプラークや歯石)を除去して炎症を治めます。 歯周病は再発しやすいため、定期的に健診を受けるようにしましょう。

歯科医院でチェック

親知らずの抜歯

前から数えて8番目の歯を“親知らず”(智歯(ちし))と言います。
この親知らずが真っ直ぐ生えなかったり、真横に生えたりしてその周りの歯ぐきが炎症を起こして腫れたり、痛くなったり、 口が開かなくなったりすることがあります。
これが智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼ばれる病気です。
薬の服用や、消毒で治る場合もありますが、この状態が度々起こる患者様は親知らずを抜いた方がいいでしょう。

当院では口腔外科の専門医が治療にあたっております。お気軽にご相談ください。


担当医紹介

酒匂 潤(さこう じゅん) 歯学博士
■所属団体
(社)日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
日本顎関節学会認定医
ドライマウス研究会認定医
■略歴
平成12年大阪歯科大学大学院卒業
同年4月より現在まで大阪歯科大学口腔外科学第1講座 講師(非常勤)

診療予約